会則

第1章 総 則

(名称)
第1条  本会は、九州大学大学院歯科保存学研究分野同門会と称する。
(事務局)
第2条  本会の事務局は、九州大学大学院歯学研究院口腔機能修復学講座歯科保存学研究分野(以下歯科保存学研究分野と称す)に置く。
(目的)
第3条  会員相互の親睦を図るとともに、歯科保存学研究分野の発展に積極的に尽力し、併せて学識の向上を図ることを目的とする。

第2章 事 業

(本会の事業)
第4条  本会は第3条の目的を達成するために次の事業を行う。
     1)会誌、名簿などの発行
     2)会員の研修(学術講演会など)
     3)弔慰・見舞に関する事項
     4)渉外に関する事項
     5)その他、目的達成のために必要な事項

第3章 会 員

(会員構成)
第5条  本会の会員は、顧問、名誉会長、名誉会員、正会員、準会員ならびに賛助会員とする。
   2 顧問とは、歯科保存学研究分野の元(前)教授をいう。
   3 名誉会長とは、歯科保存学研究分野の現職の教授をいう。
   4 名誉会員とは、本会のため特に功労のあった者で、総会の承認を受けた者をいう。
   5 正会員とは、歯科保存学研究分野(旧九州大学歯学部歯科保存学第二講座)に在籍した歯科医師で本会への入会に賛同した者、あるいは在籍中の歯科医師をいう。
   6 準会員とは、歯科保存学研究分野(旧九州大学歯学部歯科保存学第二講座)に在籍した事務職員で本会への入会に賛同した者、あるいは在籍中の事務職員をいう。
   7 賛助会員とは、本会の目的に賛同する個人や企業で、総会で承認を受けた者をいう。
(会費の納入)
第6条  名誉会長、正会員ならびに賛助会員は、会費や負担金を納入しなければならない。
(会費の不返還) 
第7条  前条によって納入された会費や負担金は返還されない。
(退会)
第8条  会員は、本会に書面で退会を申し出ることにより、退会することができる。
2 会員が、次に該当するときは、退会したものとみなす。
1)会費を5年以上納入しないとき。ただし、退会の意志を本人に確認しな
  ければならない。
3 本会の名誉を著しく損なった会員に対しては、総会の議決を経て退会を申し渡すことができる。

第4章 役 員

(本会の役員)
第9条  本会に次の役員を置く。
     1) 会 長  1名
     2) 副会長  1名
     3) 理 事  2名
     4) 監 事  2名
   2 第1項に定める役員は、総会において正会員の互選により選任する。
   3 役員の任期は2年とする。ただし、再任を妨げない。
(役員の職務)
第10条 会長は本会を代表し、会務を統括する。
   2 副会長は会長を補佐し、会長に事故がある時、または欠席の時はその職務を代行する。
   3 理事は会務を分担し、業務は次のとおりとする。
     1) 事業
     2) 会計
   4 監事は本会の業務および会計の監査を行い、その結果を総会にて報告する。
(解任)
第11条 役員が次の各号に該当するときには、総会の議決で解任することができる。
     1) 心身の障害により、会務の執行に堪えられない場合。
     2) 本会の役員としてふさわしくない行為があった場合。
(補欠選任)
第12条 役員に欠員が生じた時は、正会員の互選により選任する。ただし、会長が会務に支障なしと認めた場合はこの限りではない。
2 前項の補欠選任によって就任した役員の任期は、その前任者の残任期間とする。

第5章 会 議

(総会)
第13条 総会は原則として年に1回開催し、会長がこれを招集する。ただし、必要がある時は会長が招集し、臨時に開催することができる。
   2 総会は出席者をもって成立とする。
   3 議長は役員以外の正会員の互選によって選任する。   
4 総会は次の各号について議決を行う。
     1) 会則の変更
     2) 事業計画および事業報告の承認
     3) 収支予算および収支決算の承認
     4) 役員の選任および解任
     5) 名誉会員ならびに賛助会員の承認
     6) 会員表彰
     7) 年会費の改正
     8) 会員の退会
     9) 本会の解散
10) その他、本会の運営に関する重要議題
   5 前項の議決は正会員出席者の過半数の賛成をもって成立する。可否同数の場合は、議長の決するところによる。
   6 総会の議事に関して、議事録を作成する。
(役員会)
第14条 役員会は監事以外の役員をもって構成する。
2 役員会は必要に応じて会長が招集し、特定の事項について会長の諮問に答える。

第6章 会 計

(会計年度)
第15条 本会の会計年度は4月1日に始まり、翌年3月31日に終わるものとする。
(経費)
第16条 本会の経費は次の各号の収入による。
     1) 会費および負担金
     2) 寄付金
     3) 雑収入
4) 前年度よりの繰越金
   2 会費の変更は総会に諮り議決する。

第7章 表 彰

(会員表彰)
第17条 会員で本会に対して功労のあった者および歯科医学界に貢献した者は、総会の議決によってこれを表彰する事ができる。
第8章 弔意・見舞
(弔慰金・見舞金)
第18条 顧問、名誉会長、名誉会員、正会員ならびに個人の賛助会員に対しては、次の各号に示す弔慰もしくは見舞を行うものとする。
     1) 弔慰金
(1)死亡 金10,000円
       (2)配偶者の死亡             金 5,000円
(3)子供、親(1親等)の死亡        金 5,000円
     2) 見舞金
       (1)不時の災害              金 5,000円
       (2)病気(1か月以上の休診) 金 5,000円
第19条 準会員に対しては、次に示す弔慰を行うものとする。
     1) 弔慰金
       (1)死亡                 金 5,000円
附 則
1)本会会則は平成28年2月20日にこれを施行する。
2)本会会則は平成29年10月14日より改定、施行する。
細 則
本会会費は年額3,000円とする。

page top